カバー工法・かぶせ葺き工事:千葉県の屋根工事・外装工事・太陽光発電は優良工事店「杉栄建材」

HOME > 屋根工事トップ > カバー工法・かぶせ葺き
カバー工法・かぶせ葺き
現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。  文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。

カバー工法のメリット

工事にかかる費用を抑えられる

解体工事がほとんど必要なく、廃材が出ないという特徴があります。その結果、解体工事費と廃材処理費がかかりません。葺き替えに比べるとこの2点において工事費用が安くなります。

工事にかかる期間を短くできる

解体工事を必要としないので、葺き替えに比べて、工事の工数が減ります、そのため、工事にかかる期間を短縮することができます。工事にかかる時間が短くなると、その分人件費も削減できるため、価格を抑えられるというメリットもあります。

断熱性があがる

屋根が2重になるので、断熱性があがります。夏の暑さや、冬の寒さを和らげる効果が期待できます。

遮音性があがる

屋根が2重になるので、遮音性もあがります。雨の音が室内に響くことを軽減できる効果があります。

アスベスト対策

カバー工法はスレート屋根によく適用されます。スレート屋根で注意しなければいけないのがアスベストの問題です。2004年以前に作られたスレート屋根の多くにアスベストが使われています。カバー工法では、アスベストの飛散を防ぐことができます。

カバー工法施工例(AHI ROOFING)

カバー工法施工例(AHI ROOFING)

カバー工法のリスク

カバー工法・耐震性が下がる
既存の屋根材を撤去せず、屋根を2重にするため、屋根の総重量が増えてしまいます。屋根の重量が増すと、住宅の重心が高くなり、地震が発生した際に揺れが大きくなるリスクが生じます。

・今後の修理、メンテナンス費用が高くなる
屋根が2重になるので、雨漏りが発生した際に原因究明が困難となります。そのため、修理費用も高くなる場合があります。また、後々葺き替えを行う際の費用が高くなるというリスクもあります。撤去にかかる手間、廃材の量が屋根2つ分になるためです。

・屋根の下地が腐食する
撤去しない既存の屋根材には、水分が含まれています。しっかり調査せずにカバー工法を行うと、水分が逃げ場を失い、屋根の下地を腐食させてしまうリスクがあります。

杉榮建材では入念な点検と調査をしてから、施工できるかどうかを判断しています。場合によってはカバー工法をお断りし、他の工事をご提案する場合もございますので、ご了承下さい。

カバー工法に向いている屋根材

カバー工法に向いている屋根材 カバー工法に適した屋根

一般的なお住まいの屋根の場合、金属やスレート(カラーベスト、コロニアル)はカバー工法に向いていますが、瓦は向いていません。

また、太陽光発電の設置も難しくなります。

瓦も、太陽光も、施工できないことはないのですが、他の工事で対応した方が費用やメンテナンスの面でオトクということがほとんどです。

カバー工法が向いている屋根、向いていない屋根についてとその詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。


杉栄建材問い合わせ
Copyright © 杉榮建材 All Rights Reserved.

pagetop

pagetop

pagetop